女性ホルモンと肌の関係

生理周期によって変化する肌の調子

毎月の生理、考えただけでも
憂鬱という人もいるかもしれません。

 

生理前になると肌荒れやニキビが
起こりやすいという経験はないでしょうか。

 

生理周期によって変化する肌の悩み

 

実は、これは女性ホルモンのバランスが
変化することで起こる現象の一つです。

 

女性ホルモンとお肌の関連性について、
まとめてみました。

 

2つの女性ホルモン

 

女性ホルモンは、女性らしさを
作り出すために働きかけるホルモンです。

 

女性ホルモンには、2つの種類があり、
エストロゲン(卵胞ホルモン)と
プロゲステロン(黄体ホルモン)に分かれています。

 

この二つの女性ホルモンは、
生理周期に合わせて増えたり減ったりします。

 

女性の肌は、この二つの女性ホルモンの影響を受けて変化します。

 

生理周期と女性ホルモン

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)は、
卵巣から分泌される女性ホルモンです。

 

子宮内膜を厚くするなどして
妊娠への準備を行うためのホルモンです。

 

一方プロゲステロン(黄体ホルモン)は、
子宮内の環境を整え、妊娠した時に
胎児が安全に生育できるように働く女性ホルモンです。

 

このプロゲステロンは、
排卵日から生理開始までの間に分泌が活発になります。

 

生理前にニキビができやすくなるのはなぜ?

 

排卵日から生理開始までの期間は、
プロゲステロンが活発になる時期です。

 

このプロゲステロンには、皮脂の分泌を促す作用があり、
このため生理前にはニキビができやすくなるんです。

 

反対に、エストロゲンには、皮脂量を抑える作用があります。

 

つまり、ニキビができやすい人は、
排卵日から生理前までの期間は、
特に念入りにニキビ対策を行うようにしましょう。

 

生理周期と肌のバリア機能

 

排卵日から生理開始までの期間、
女性の肌はバリア機能が低下します。

 

つまり、肌の調子が不安的になり、
ちょっとした刺激にも敏感になります。

 

また、この時期、
プロゲステロンの分泌がさかんになるため、
身体が妊娠に備えて栄養や水分をため込もうとします。

 

生理前になると食欲が増えたり
体重が増加するのはこのためです。

 

身体がむくみやすくなるのもこの時期です。

 

生理が終わると、肌のバリア機能は元の状態にもどり、
肌の調子が良くなります。

 

排卵日は一番、お肌がきれいな時期となります。

 

生理周期とお肌の状態

 

このように、女性にとって、
生理周期と女性ホルモンのバランスは、
美肌作りにも大きな影響を及ぼす要素のひとつです。

 

自分の生理周期と女性ホルモンの変化を
正しく理解することによって、より効果的な
スキンケアができるようになりますよ。